"賃貸が経済的にお得と言われていますが、それでも利便性の良い都心部などではかなりの賃料が必要となります。
しかしそんな高額賃料の賃貸物件の中でも掘り出し物と呼ばれているお得な賃貸物件が探せばきっとあります。すでに入居者が決定している賃貸物件を「おとり広告」として雑誌に載せ、客を呼び込んでいることがあります。
多くの人が魅力を感じるおとり広告について問い合わせをすると「先日すでに契約されています」などと流し、別の物件を紹介してくることでしょう。

 

実際に不動産会社を訪問する前には、必ず広告で掲載されている賃貸物件に空きがあるかどうかを電話で聞くようにしましょう。
雑誌やネットなどの広告はいうならば「餌」になるので惑わされないようにしましょう。不動産会社としましては、当たり前のことですが、お客様が店頭に訪問をしてもらわないと、ビジネスとして成り立ちません。
どんなに多くの人が不動産屋のホームページへ訪問しているとしても、実際に店舗にまで来てもらわないと意味がありません。"



悪質な賃貸物件についての広告に注意ブログ:19-10-11

独身時代では考えられないことですが、
結婚すると、
減量したいのに出来ないことってあるんですよね。
それも、妻の母と同居となれば深刻なものに…

食事の献立は妻の母が考えるために、
口出しできない…
妻が帰ってくるのが遅いので、
夕食はよる遅くなるのが当たり前…
色々と気を使うのでストレスがたまる… 
…などなど、色々と大変!!

かといって、
それを理由に減量を諦めてはいけないと思います。
どんな環境でも考え方を変えれば出来るものです。

「規則正しい食事と適度な運動」
これが減量には一番良いのですが
一人で住んでいるわけではないので、
減量したいから…と、
食事の内容を変えたりとか難しいですよね?

もし言えたとしても、
「ちょっとぽっちゃりしていた方がカワイイよ」とか
「減量しても変わらないって」とか言われて
上手く丸め込まれちゃったりして…

もし、食生活を変えることが難しいのであれば、
スナック菓子をカロリーの少ないものに変えたり、量を減らしたり
運動の量を増やせば良いのです。

例えば…
ウォーキングをするときも
ダラダラ歩くのではなく、腕の振りを大きくする。
テレビを観るときも背筋を伸ばして、姿勢を良くする。

姿勢を良くすることは、お腹と背中の筋肉を使うので
お腹の引き締めにはちょうどいいんですよ。

どうしても人間は出来ないことに目が行きがちです。
あれがないから、これがないから…と言い訳するのをやめて
今の状況で何が出来るのかを探してみてください。

出来ることからコツコツと!
これが減量の極意だと思います。


このページの先頭へ戻る