"コンビニや郵便局、保育園や病院などなど生活をしていく上で必要最低限の施設が整っている賃貸物件があります。
タワーマンションと呼ばれている物件ですが、分譲が多い過去とは異なり今では賃貸が多いのです。冬から春にかけましては部屋を探す人や部件数ともに最も多い時期となっているので、 良い物件も確かに多くなっていますが、すぐに契約をされてしまうことがあります。
さらに通常よりも賃料を引き上げて紹介をするケースもありますので、慎重に物件選びをするようにしてください。

 

梅雨時期〜8月までというのは、不動産会社にとりましては閑散期であり、部屋を探す人が激減します。
一人でも多くの入居者を確保したいという理由で値下げ交渉にも応じてくれることもあります。不動産業界におきましても、繁忙期と閑散期というものが大きく分かれています。
繁盛期は卒業式や入学式など新しい生活の始める3月頃であり、多くの人が不動産屋を利用しています。"



世の中の動きによって賃料に変化があるブログ:20-6-26

昔は、やせていてキレイな肉体のラインであっても、
年を重ねるに連れて、太っていくという人は少なくありません。

これといって食事の量を増やしているわけでもないのに太る…
という方もいらっしゃるでしょう。

なぜ、今までと同じ食事量であっても、
年をとると、徐々に太っていくのでしょうか?

加齢と太る現象をつなぐカギは、筋肉にあるようです。

筋肉というのは、
一定の年齢に達すると
徐々に減少していく性質があるんだそうです。

多少の個人差はありますが、
27歳前後をピークとして筋肉の量は減ってしまうらしいですよ!

普段、体操不足気味という人は、
筋肉がどんどん減っていってしまうのです。

24時間中ごろごろして、まったく体操をしないと、
筋肉は、約0.5%程度減少してしまうといわれています。
かなりのハイペースといわざるを得ませんよね。

筋肉は、僕たちが食事で摂取するエネルギーの多くを
消費してくれる役割があります。

ということは、筋肉の量が減ることによって、
消費されるカロリーの量も自然と減ってしまうのです。

ですから、まったく今までと同じ食事量であっても、
徐々に太ってくるというわけなんです。

なので、太ることを防ぐためには、
筋肉の量が減らないように、
常に肉体を動かすように心がける必要があります。

将来的にも肉体のラインを維持したいというなら、
25歳を過ぎたあたりから、
肉体を動かすという習慣をつける必要があるんです。

そうすれば、きついダイエットをすることもなく、
肉体のラインを維持することができるはずですよ!

明日はいい日だ。がんばろ〜^^

このページの先頭へ戻る