"最近では無料で賃貸情報誌が配られており、コンビニや不動産屋などで簡単に手に入れることが出来ます。
これらの情報誌を参考にして賃貸選びをするのも一つの方法ですが、最新の情報では無いということを忘れないでください。敷金というのは家賃の保証になるたことから、大家さんもしくは管理会社に一時的に預けておく保証金です。
最終的には戻ってくるお金であり、家賃の滞納分に使用されたり、部屋の修復費に使用されます。

 

退去時の敷引きの取り扱いにつきましては、比較的トラブルになりやすい傾向があることから、国土交通省から「ガイドライン」が決められています。
原状回復としてどこまでが敷金の対象範囲なのかを一度確認しておくと良いかもしれませんね。礼金というのは大家さんに部屋を貸してもらうための「お礼の意味」として渡すお金となっているので、解約後も返金はされません。
最近では礼金をゼロ円設定にしている物件も多く、中には敷金もゼロのゼロゼロ物件も目立ってきています。"



時折問題になっている敷金の使われ方ブログ:19-10-23

読者様は、
「人の身体は、何にも勝るすばらしいデザインである」
という話を聞いたことがありますか?

それは外観だけではなく、
内臓や骨格といった大きなものから、
組織・細胞にいたるまで…

あたしたちが母親の胎内で
この世界に順応できるような身体になって生まれてくるそのプロセスも、
誰一人として同じものが無い…

そのこと自体が
既にすばらしい自然なのではないでしょうか?

進化を重ねたあたしたちの身体は、
どんなに優れたヒューマノイド(ヒト型ロボット)でも再現することは不可能、
とも言われているのですが、
そんな身体を持っていることに、普段はなかなか気づくことはありません。

これは、何かの機能が低下していたり無かったりする場合も同じで、
普段から実に巧妙なバランスを持っているな…と
あたしは思うんです。

あたし自身、左のあしに幼児期の怪我の治癒痕があり、
そのことに伴い、少々の不自由さがあるんですが、
身体はその不自由さを実に上手にカバーしていて、
私の左右のあしのサイズや形に結構な差があることは
一見わかりにくいようになっています。

ですが、
長年の気づいていない「微調整」は、
少々身体に齟齬をきたしていて、
その意味でも身体は絶妙なバランスを持っているとも思います。

あたしだけではなく、
何らかのハンディを持っておられる方はどうも、
身体全身のバランスをとても巧妙に保つようになっていたり、
足りない機能を他の器官で
(例えば視覚が不自由な場合には、耳が鋭いといったような…)
感覚を補っていることも多いようですね。

本当にあたしたちの身体って、すばらしいのです!



このページの先頭へ戻る